Blog
ヒカリのブログ

CATEGORY: ヨーロッパ

誘惑の多いまち

誘惑の多いまち

サイト上ではずっとフィンランドにいることになっていました。が、実はイギリスにいました。 問題発生した電子機器回りもなんとか復活し旅ももうそろそろで折り返し地点です。 特に良いイメージも悪いイメージもなく、知り合いを訪ねるわけでもなく、これといった目的があったでもなく 文字通り「ふらっときた」ロンドン。その割にいい刺激をたくさん受けることになりました。 私のボキャブラリーの少なさが悔しい、でもロンドンにふさわしい形容詞は「すてき」とか「おしゃれ」という のもいいけどなんだかもっとイケてる感じ、「クール」だ!って思いました。我ながら稚拙。 至る所に魅力的なショップやカフェが軒を連ねて誘惑の多いこと。一方今時のものだけでなく、 暗めの深い茶色のレンガ造りの建物はどしっと品があり格式を感じさせる街並みです。 ロンドンから南へ2~3時間したところにあるブライトンという港町は湘南の海をもう少しきれいにして にぎやかな代官山をくっつけたみたい。何も決めていなかった分その余白にうまいこと素晴らしい出会いと 経験がはまってホームシックが常なわたしが久々に高揚感を味わいながら動き続けられた数日間でした。 ロンドンで一つ心残りがあるとすれば色んな方のご協力でやっとこぎつけた 「老人クラブキャバレー」(なんとも怪しい響き。シニア世代の娯楽クラブでマジックショーから際どいストリップ なんかもあるんだとか・・)にタイムアウトで行けなかったこと。。次回に期待です! 最後に写真はブライトンから訪れたセブンシスターズというところ。 とーってものどかで最高に気持ちが良かったです!いつも太陽ありがとう!    

Calender

<< May 2018  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031