CATEGORY: フィンランド

白夜のおわりに

携帯電話が故障し唯一まめに更新していたインスタグラムも更新が途絶えてしまいましたが、生きてます!

前回のラトビアからバスでお隣のエストニアまで、そしてエストニアからフィンランドまでは船で国境越えし

首都のヘルシンキからトゥルクまでバスに乗りトゥルクからまた船に乗りスウェーデンとフィンランドの間に

位置するオーランド諸島へ!

そして現在またさらに船に乗り再びスウェーデン、ストックホルムに移動中です。(かいつまみすぎ?)

Aland

Aland2

 

grannyページにも書きましたが「夏のフィンランド」というのは長いこと私の目的地でした。

というのも前回フィンランドを訪れたのは5年前、寒さ厳しい2月のことだったからです。だからと言って

その印象が悪かったかというと全然そうではなくまた絶対訪れたい!次は夏の時期に!と思っていたので

前回は凍っていた海の上を船で移動できるなんて本当に夢のようです。

前回(2011年)北極圏の入り口で

前回(2011年)北極圏の入り口で

旅行先、特に海外ともなると「また来たい!」と思えたところでそれを実現できるチャンスは

そう多くないと思うのでとてもうれしく、そして今回もまた来たい!と強く思いました。

なにがそこまでいいのか、説明するのは難しいところです。

屋外にある掘っ立て小屋みたいなサウナに入ってそのまま海に飛び込んだり、

森に行って木の実を摘んだり、それでジャムを作ったり、

白夜の終わりを感じながら静かに夕日を眺めたり、

夏には夏のフィンランドがありました。色んな人に、色んな景色に出会えて幸せです。

intheforest DSC03040

旅に出るときに元職場の大好きな、尊敬する方から頂いた西加奈子さんの

「ごはんぐるり」という本を持ってきています。

その中にフィンランドでは「お洒落」という言葉がないと記されていたのがとても印象的でした。

こんなにお洒落なのに。

自分の心地いいことを貫くこと、それがお洒落なのだと、

そしてその言葉がないのはフィンランドの方にとっては

「それが当然のこと」だからと西さんは書いていて、なんだかとっても納得できるような。

また一段とフィンランド贔屓になって、名残り惜しみつつそろそろ北欧を離れたいと思ってます。

moimoiフィンランド!また会う日まで~!

 

Calender

<< Feb 2018  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728